読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エクサスケール・コンピュータが世界を変える。シンギュラリティは近い。【100冊書評#005『プレシンギュラリティ』】

『エクサスケールの衝撃』抜粋版 プレ・シンギュラリティ 人工知能とスパコンによる社会的特異点が迫る作者: 齊藤元章出版社/メーカー: PHP研究所発売日: 2016/12/21メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (1件) を見る エクサスケール・コ…

絶対に後悔しない。正しい決断にあなたを導く4つの意思決定方法。【100冊書評#004】

本屋で意思決定に関連する本を10冊読んだので簡単にまとめたいと思います。 共通点 人が意思決定する際には概して陥りやすいバイアスがある 2.そのバイアスを”問い”や”フレームワーク”により意識的に回避する方法が書かれている 3.目的の明確化、網羅的な情…

家じゃ集中できない!を解決する家カフェシステム

家で集中できないからと最近カフェに入り浸っている。しかし、一日中使おうと思うと、1店舗にとどまるわけにはいかないので3店舗くらい回ることになり、1店舗あたり300円程度の出費がある。1日で1000円が飛ぶのは辛い。それに外出が面倒に感じる時もある…

個人情報がだだ漏れ?データのニューディール政策で情報の所有権を消費者に【100冊書評#003『IoTの衝撃』】

IoTの衝撃―――競合が変わる、ビジネスモデルが変わる (Harvard Business Review)作者: DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー編集部出版社/メーカー: ダイヤモンド社発売日: 2016/09/30メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (1件) を見る …

新聞を読むのが少し楽しくなるマーキング術【100冊書評#002】

これまで新聞を読んでも、表面的に情報が流れているだけで、全く理解できないしつまらなかった。 見出しを読む、リード文を読む、気になったら本文を読む、一面は全部読む、どれもやってみたけれど今ひとつだった。 しかし、この本を参考にしてマーキングし…

20年前

最近安室奈美恵の「CAN YOU CELEBRATE?」がお気に入りだ。 結婚式の定番曲と言われるから明るすぎるアップテンポな曲かと思ったらそうではなかった。明るいけれど少し悲しげなメロディー、必ずしも楽しいことばかりではなかった過去を振り返るような歌詞が好…

生きる理由ってなに?代替可能な世の中でもがきながら生きる意味。

生きていることになんの意味があるのか。自分がいなくてもこの世界は何も変わらない。誰も困らない。それなのに、なぜ生きないといけないのだろうか。自殺はなぜ忌避されるのだろうか。 生きる理由、存在意義 あなたにもし、守るべき家族がいるならば生きる…

人と違ってかっこいいレポート作成環境構築講座

アプリケーションの発掘や活用に躍起になって本来のレポート作成がはかどらない今日この頃です。ここ数日かけて構築した現実逃避の産物であるレポート作成環境の構築手順をまとめておきます。 目次 目次 かっこいいテキストエディタを使おう! Latexを使おう…

アウトプットを意識した読書がしたい。ブログでアウトプットの実践記録。【100冊書評 #000】

ただ本を読んでいるだけでは何も身につかないと実感する今日この頃です。 一年間で100冊を目指してアウトプットしていきます。 目次 umineko.hateblo.jp umineko.hateblo.jp umineko.hateblo.jp umineko.hateblo.jp

習慣化は楽するためにあるらしい。【100冊書評 #001】

人生を変える習慣のつくり方 作者: グレッチェン・ルービン,花塚恵 出版社/メーカー: 文響社 発売日: 2016/12/14 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る この本がこれまで読んだ本と決定的に違ったのは、タイプ別に習慣化の方法を提…