エクサスケール・コンピュータが世界を変える。シンギュラリティは近い。【100冊書評#005『プレシンギュラリティ』】

エクサスケール・コンピュータとは。

エクサスケール・コンピュータはエクサ(Exa)フロップス級の計算性能を持つコンピュータ。”京”の名で知られる京速計算機の100倍の性能を持つことになり、かつてとは次元の異なるレベルでの社会変革を起こすと考えられている。各国が開発を進めている。

日本では2014年に理化学研究所が開発プロフェクトを発足した。

www.aics.riken.jp

エクサスケール・コンピュータで世界はどうなる?

エクサスケール・コンピュータは世界を大きく変えると言われる。

衣食住は無料になり、人々は不労と不老を手にする。貨幣がなくなり、社会の価値観も変わる。

以下でその仕組みを簡単に説明する。

エネルギー革命

エクサスケール・コンピュータ誕生により実現可能性が大きく高まる技術

太陽光発電発電効率向上

熱電物質

人工光合成

蓄熱物質

核融合発電

レーザー核融合発電

エネルギー革命で電気代・輸送費がフリーに

発電効率向上と技術のコモディティ化による発電コスト低下により電気代がフリーに

⬇️

電気を用いた輸送手段(電車・電気自動車など)がフリーに

⬇️

化石燃料供給過多により化石燃料の価格も下落

⬇️

化石燃料を用いた移動手段もフリーに

衣食住もフリーに

説明の関係で「食」から扱うことにする。

「食」

 野菜・穀物→「植物工場」

 魚→「養殖」

 肉→「無菌室的な閉鎖空間における畜産方法」により全て工場生産

「衣」

 植物繊維→「食物工場」

 動物繊維→「閉鎖空間における畜産」

 化学繊維→供給過多となった化石資源と重油生産藻

「住」

<土地価格の下落>

・リアリティを超えるヴァーチャル・リアリティ世界の出現により職住近接・娯楽施設・交友関係といった都市機能が失われるため、都市圏以外の広大で快適な土地への移住が進む

・工場化により農耕地の約半分が宅地に転用され宅地が倍増する

⬇️

土地が有り余る

⬇️

土地価格の下落

<建物価格の下落>

資材費・設備費・人件費のうち、資材費・人件費はフリーとなる(人件費については後掲)。よって設備費が無料となれば建物価格もフリーになる。

不労の実現

自動化・ロボット技術の進歩により人間の労働時間は現在の半分以下になる。

貨幣経済の終焉

ビットコインやイーセリウムにより貨幣経済が終わる。

エクサスケール・コンピュータはいつ誕生するか

各国が2020年を目標に開発を進めている。

www.hpcwire.jp

cybozushiki.cybozu.co.jp

www.newsweekjapan.jp